沖縄ダイビング旅行。渡嘉敷島「リーフイン国吉」がおすすめ!

沖縄ダイビング旅行。渡嘉敷島「リーフイン国吉」がおすすめ!
「あー!沖縄いきたい!」

私は大学1年からスキューバダイビングを始めました。

サークルメンバーは今も仲が良くて、
みんな卒業して何年も経つのに、相変わらず夏は沖縄旅行にいってます。

卒業したてのメンバーから、30代半ばの先輩までごちゃっと集まったり
サークルメンバーの奥さん、旦那さん、お子さん…友達
もはや気が合えば誰でもカモン!状態(笑)

 

そんなこんなで今年も、沖縄 渡嘉敷島に行って来ました!

 

「リーフイン国吉」はいいぞ。

そんな私達がとてもお世話になっている、沖縄 渡嘉敷島の宿「リーフイン国吉」。

リーフイン国吉 HP

 

宿からビーチが、ほんとに1分の超近距離なんです。
ダイビングする前に一回海入っとくか〜〜って朝シャンみたいなノリで行けちゃいます。

私は以前タヒチで水上バンガローに泊まったことがあって、
あれも起きてバルコニー出て3歩で海に入れたのですがそれに並ぶ近さだし、
同じくらい透明度のあるキレイな海!

膝まで浸かるくらいの浅瀬でも魚がいる。
浅瀬の魚の数はタヒチより渡嘉敷のほうが多いです。

 

アクテビティもいいけど、ダイビングするべき。

何せこの海です。

ジェットスキーでバナナボート引いてもらったり、
ただ浮き輪でぷかぷかしてるだけでも十分楽しめます。

 

ただ…私、渡嘉敷に来たのは5年以上前で、
その間もサークルメンバーは毎年行っていたから話には聞いていたんだけど、

「観光客がめっちゃ増えた」

っていうのはマジでした。

本島の港から、朝一番のフェリーに乗って10時くらいに日帰りのお客さんが来て
アッッッというまにビーチはパラソルだらけになります。

 

今載せている画像に人がいないのは、台風でフェリーが欠航続きだったからです。

港で奇跡的に出会った現地のダイバーさんたちとのご縁で
小型船をチャーターして強引に渡嘉敷に渡ったから、プライベートビーチ状態でした。

荒波に乗ってしぶきでビショ濡れになりながら、
船酔いしながら、少し命の危険を感じながらの小一時間。

ディズニーシーにあるインディージョーンズの乗り心地に近かった気がします。
(この話はまた別の機会に。)

 

最終フェリーの時間にはビーチはまた静かになるとはいえ、
日中の混雑具合は、観光地として流行ったのだなぁ〜〜と実感せざるを得ませんでした。

だから、ライセンスを持っているorダイビングに興味があるならば
ぜひ潜ることをおすすめします。

 

釣りでもいいよ。

 

沖縄本島に宿をとって日帰りで渡嘉敷に来るよりも、
「リーフイン国吉」に泊まるのが最善だと思ってます!

※飛行機の都合で、帰る前日に本島に戻って宿をとるしかない場合もありますが!

 

いざガッツリ渡嘉敷で過ごせる日数を確保したら、
ダイビングに加えて「釣り」もおすすめです。

道具は宿でも借りられるし商店にもあります。

透明度があるから、堤防からエサを垂らすと食いつく魚が肉眼で見えました。

 

わーい

 

余談ですが別の離島(小浜島)で、船で沖に出て
水深100mくらいまで釣り糸を垂らす海釣りをしたこともあります。
段違いで大物が釣れるので、沖で釣れるならそっちの方がいいなーと個人的には思います。

 

新アクティビティ!ナイトカヤック!!!

みなさん夜光虫は知っていますか?

夜の海で海面をばしゃばしゃ叩くと、きれいな光を発して楽しませてくれますよね。

では渡嘉敷島の星空を知っていますか?

写真に映せないのが悔しいけれど、嘘みたいにキレイです。

そんな夜光虫と、満天の星空のコラボレーション。
カヤックに乗って、すこーしだけ漕いでまったりと光を楽しむ。

 

新規アクティビティということで、体験させてもらいました。
水面にゆられながら上を見上げると、360°星空に包まれていて…
泣けてくるぐらい素敵でした。

価格設定について「5000円払う!」「8000円でもやる!」と、
私達サークルメンバーはお伝えしましたが、実際はもっと低価格です。
詳しくはリーフイン国吉さんにお問い合わせください。

 

沖縄・カヤックで検索するとヒットするのは安くても5000円くらいなのに。
いやー 本当は国吉さんにもっと儲けてほしい。。。
安すぎる価格設定はやめてほしいと思う私です。

 

大浴場はありません。海があるからいいよね。

リーフイン国吉 HP

ベッドで寝たい、大きなお風呂に浸かりたいかたはご注意ください。
トイレもユニットバスです。

逆に海から水着で帰って来てそのまま浴びられるシャワーがあります。
従業員みなさんとても良いかただし、ご飯もとってもおいしい!

リーフイン国吉は芸能人のかたの利用も多く(サインや写真たくさん飾ってあります)
お一人様でも、カップルでもサークルでも、家族連れのかたも見かけたことがあって、
どんな人もウェルカムな雰囲気のアットホームな宿です。

 

沖縄行くならリーフイン国吉!

ではまた。

旅行カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。